公開講座

令和2年度千葉大学法政経学部公開講座令和2年度千葉大学法政経学部公開講座

講座題目
 「幸福と公共性 ―コロナ後の社会を展望しつつ」




 現代では、私的利益や私的関心に多くの人々が重点を置いていて、コミュニティや社会における公共性が軽視されがちです。このため、公共的な制度・施設や空間が減少しつつあります。そこで、代表的な公共哲 学者の一人である政治哲学者マイケル・サンデルの思想のエッセンスを紹介し、急速に進展しつつある科学的な幸福研究やポジティブ心理学も説明して、その二つを架橋することによって現れる新しいビジョンを お話ししたいと思います。
 また、新型コロナ・ウイルス問題によって、経済成長至上主義に対する反省が世界的に生まれて生命・健康や幸福といった観点がさらに大事になると思われるので、コロナ後の社会を展望します。

開催日

令和3年1月15日(金) 18:00~19:30

※今回は、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、MicrosoftTeamsを使用したオンライン講座となります。


担当講師

小林 正弥(千葉大学法政経学部教授)

募集人数60名(事前申込制)
受講料無料
申し込み方法 ご氏名、ご住所、電話番号、メールアドレス並びに件名に「令和2年度千葉大学法政経学部公開講座申し込み希望」と明記の上、メール(houseikei-kouza@ML.chiba-u.jp)で申し込んでください。
その後申し込み結果を返信いたします。募集人数を超えた場合は、事前に申し込みを締め切りますので、ご了承願います。
パンフレット(PDF)はこちら
お問い合わせ
千葉大学 西千葉地区人社系学務課人社系学務室(法政経学部担当)
〒263-8522 千葉市稲毛区弥生町1-33
E-mail:houseikei-kouza[]ML.chiba-u.jp※ []内に@を入れて下さい。

これまでに開催された公開講座